Lead2Amazon

商品カテゴリー:
ブラウズノード:
表示言語:
表示通貨:
出力:
「在庫なし」の表示:
並び方:
抽出:

Lead2Amazon.co.jp (カスタマイズ可能なAmazon.co.jpの検索・出力システム)

Lead2Amazonは、AmazonのPA-API5を活用したAmazonの検索・出力システムです。
PC、タブレット、スマートフォン版のChrome、Edge、Safari、FirefoxなどのウェブブラウザでカスタマイズしたAmazonの検索・出力ができます。
なお、Internet Explorer 11を使うと、Lead2Amazonの機能の一部が制限され、表示の一部が崩れます。

2021年4月現在のLead2Amazonでは、下記のような強みと機能があります。

  • 商品カテゴリー、並び方などの多様な検索方法の設定とURLによる記録
  • 複数の商品画像のカルーセル表示などのシンプルかつ情報量の多い検索結果の表示
  • PC、タブレット、スマートフォンの表示に自動対応するレスポンシブウェブデザイン
  • 検索結果におけるAmazon.co.jpとAmazon.comの間の移動
  • 検索結果のリンクボタンからの価格推移、レビューチェッカー、レビューサイトへの移動
  • 書籍などの情報管理、文献引用に利用するBibTeXRISの出力
  • 検索結果のクリックまたはタップによるMendeleyZoteroへのBibTeX情報エクスポート [4月6日からの新機能]

「Amazon.co.jpとAmazon.com以外のPA-API5の各国のマーケットの追加」など、追って改良予定です。 もし、多くの人に有益と考えられる検索設定や表示があれば、齋藤経史までお知らせください。 ただし、AmazonのPA-API5で提供していない検索設定、情報項目に関しては、Amazon側のAPIがアップグレードしない限り、Lead2Amazonで対応不可能です。 PA-API5で情報が提供されていない代表的な情報項目として、下記が挙げられます。

  • カスタマーレビューの全体情報 [平均点、レビュー件数]
  • カスタマーレビューの個別情報 [レビュアー名、点数、レビュー内容]
  • Prime Videoのシリーズ名 (商品タイトル表示が「第1話 ●●」等になるが、何のシリーズかは表示不可)
Lead2Amazonを利用される方へのお願い

Lead2Amazonの検索・出力サービス維持のためにも、Amazon.co.jpで購入するものがあったらLead2Amazonを経由して購入していただくようお願いします。

2019年1月23日のAmazonのAPIの利用規約の変更によって、売上実績がない/少ないアソシエイトによるAPIリクエストを拒否/制限するようになっています。 この規約では発送済み商品の売上の約5円ごとに、以後30日のリクエスト可能回数が1回/日増える仕様になっています。 例えば、Lead2Amazonを経由したAmazon.co.jpの売上が1,000円あれば、購入後30日における全利用者のLead2Amazonの検索可能回数が約200回/日増加します。

もし、Lead2Amazonのリクエスト上限数に達し、検索できなくなった場合は翌日までお待ちください。なお、Lead2Amazon検索ができなくなった場合でも https://www.amazon.co.jp/?tag=le2am-22のように、 Amazon.co.jpの公式サイトにアクセスするURLの末尾に?tag=le2am-22を付けていただければ、以後30日のLead2Amazonの検索上限の増加に貢献します。(また、Lead2Amazon経由やタグ付きURLでの購入は、購入額の数%の紹介料をAmazonギフト券として受領でき、ありがたいという面もあります。)

  齋藤経史 (kei@jsaito.jp)